二宮金次郎 江戸のファイナンシャルプランナー

こんにちは。木彫りグマです。

今回取り上げるのは、かつて、どの学校にも銅像があったといってもよいくらいメジャーな存在だった「二宮金次郎」こと、二宮尊徳です。

二宮金次郎と同じころの江戸文化についての関連記事はこちらです。

kiboriguma.hatenadiary.jp

 

若き日の二宮金次郎

f:id:kiboriguma:20181121213950j:plain

二宮尊徳は江戸時代末期の人物です。

14歳の時に父を亡くし、16歳の時に母もなくします。

二宮家の田畑は酒匂川の洪水で流出してしまい、文字通りの無一文となった金次郎は叔父に養われました。

 

金次郎は勉学に励んで家を復興させようとしますが、夜の明かり代を惜しんだ叔父により、夜の勉強を禁じられます。

金次郎は油のもととなるアブラナを土手に植え、自分で油を調達しました。

 

まあ、ここが普通の人と違うところでしょうね。否定されても邪魔されても、目的達成のためなら何でもするというところが垣間見れています。

また、田植えで捨てられた苗を用水堀で育てて、一俵分の収穫を得たといいます。一票といえば60kg。これも、金次郎の「お家再興」の元手となったのかもしれません。

 

叔父の家を出て親族の家に身を寄せて、元手を増やし続けました。次の年に5俵、その次の年に20俵とどんどん増やしました。

そして、ついに二十歳のときに家屋敷を再興することに成功します。

努力がすごいというのはよく言われますが、元手がほとんどない状態からお家再興を果たした点です。

 

金次郎はやればできるという根性論の人ではありません。合理的に、どうやれば少ない元手て成功できるかを徹底的に追求した人だと私は思います。

その点で、彼は現代の個人投資家が学ぶべき要素をたくさん持った偉人だと思うのです。

 

彼は農業収入だけを元手にしただけではありませんでした。

幼少の時に薪を売ったり、草鞋を編んだりするなどのアルバイトで現金を稼いでいます。百姓でありながら、商業的な視点も持ち合わせていました。

二宮金次郎による服部家財政再建

f:id:kiboriguma:20181121215431j:plain

金次郎の職業を、現代に当てはめると「ファイナンシャルプランナー」ではないかなと思います。

はじめに、小田原藩の家老であった服部家の財政再建に取り組みます。

彼は、5年改革で再建を請け負いました。

 

彼の財政再建は実にシンプルです。

服部家の支出を徹底的に見直しました。

江戸時代後期の武士の家は、多くの場合、支出が放漫になっていて財政難になっていました。金次郎は徹底的に無駄をカットしていきます。

無駄をせず、上手にやりくりしたものを褒めたり、皿などの備品を壊してしまっても素直に名乗り出たら責任を追及しませんでした。

厳しくカットしただけではなく、予算よりも安く仕入れることに成功したものには成功報酬を与えてやる気を引き出しました。

 

こうして、人の心にも配慮した支出の見直しが功を奏して、服部家の財政は持ち直し、多額の借金も返済することができました。

これは、現代のファイナンシャルプランナーの方の手法にもよく似ていますよね。

自分の実力以上の贅沢をしない。工夫して切り詰める。楽しく節約する。いずれも大事なことだなぁと思います。

町復興 折と復活の日

f:id:kiboriguma:20181123225126j:plain

服部家の財政再建は評判となり、ついに小田原藩主大久保忠真の耳にも入ります。

大久保公は、金次郎に飛び地の桜町領の復興を命じます。

 

度重なる飢饉で疲弊した桜町領は困窮を極めていました。領民たちも自分たちの前途を悲観し、やる気のない生活を送っていました。

田畑を放り出し、昼間から酒を飲んで博打をする。怠けているというよりも、あまりに絶望的な現実から目をそらしている現実逃避だったのかもしれませんね。

 

このテンション最悪の農村に金次郎はやってきました。

金次郎は藩主に掛け合って年貢を半減させます。高すぎる税金がやる気をそいでいると考えたからです。

10年がかりの復興計画が、こうして始まりました。

しかし、すべての領民が金次郎の改革に賛成したわけではありません。反対する者たちも大勢いたいのです。

 

改革開始から6年目、突如として金次郎は桜町から姿を消しました。

金次郎の突然の失踪に、桜町の領民たちは真っ青になります。

指導者を失い、再び悪化し始めた状況に領民たちは狼狽します。

ついには、藩に金次郎の捜索願を出しました。

 

姿を消した金次郎は成田山新勝寺で断食行をしていました。改革がうまくいかない理由を自分の心と神仏に問うていたのです。

金次郎のもとに集まった桜町の人々は、再び桜町で改革の先頭に立ってほしいと懇願します。

人々の心が一つになったのを見た金次郎は桜町に戻りました。

 

実は、上杉謙信にも似たようなエピソードがあります。

人々の心がまとまらないときには、こうした一か八かの行動が必要なのかもしれませんね。

藩主と約束してから10年後、金次郎は桜町の復興に成功。年貢も1000俵から1900俵近くまで回復し、村には900俵の貯蓄もできました。

 

支出を削減し、生産性を向上させて収益を上げる

企業経営者としても有能だったことを示していますね。

その後も、小田原藩全体の飢饉を救ったり、いくつもの大名領を復興させるなど財政再建のプロとして大活躍しました。

ついには、江戸幕府に召し抱えられ幕府直轄地に復興も任されるようになりました。

積小為大

「積小為大」とは二宮金次郎の言葉の中でもっともよく知られたものでしょう。

塵も積もれば山となるといったほうが、わかりやすいかもしれません。

「小さなことからコツコツと」というのは誰しもわかっているかもしれませんが、実現するのはとても難しいことです。

これは、江戸時代も現代も全く変わりません。

 

毎日の生活の無駄をなくしつつ、次の生産のための投資を怠らない

ただ、節約してため込むのではなく次につなげる投資の原資にする。

その意味では、変化の激しい現代にこそ、見直すべき人物ではないかと思います。

今日は、銅像の割にいまいち知られていない二宮金次郎(尊徳)を取り上げてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。