ペンギン歩き 冬道の歩き方

こんにちは。木彫りグマです。

すっかり街路樹の葉が落ちて晩秋から初冬の風景に変わってきましたね。

雨が降って、翌朝晴れた日などは路面が鏡のようにツルツル・ピカピカになってとても歩きにくいものです。

そんな時に有効なのがペンギン歩き。

今回は、冬に北国を旅行する方に向けて、冬道の歩き方についてお話したいと思います。

 

ペンギン歩き

f:id:kiboriguma:20181128081433j:plain

冬場に街中を歩いていると、旅行者と思われる方がまるでマンガのように「ひっくり返っている」様子を見ることがあります。

見るたびに「痛そうだなぁ。歩き方を工夫すればあそこまで転ばないのになぁ」と思ってしまいます。

 

転ぶ人を見ていると、歩幅が大きくどんどん歩いていく方が多いように感じます。

路面が凍結しているときは歩幅は小さめの方が良いです。

水族館でペンギンがちょこちょこと歩いているのに似ているのでペンギン歩きなどとも言います。

慌てず、急がずに、小さな歩幅で確実に前進しましょう。

靴の裏全体に体重を乗せる

f:id:kiboriguma:20181128082229j:plain

普段歩くとき、つま先に力を入れかかとから着地することが多いです。

この歩き方を雪道ですると、着地時の重心がかかとにかかるため、かかとが滑るとあお向けに転倒しがちです。これはとても危ない形です。

雪道を歩くときは重心を前に置き、できるだけ靴の裏全体で路面に接するように歩いたほうがいいです。

 

かく言う私自身も、ツルツル路面で転倒し後頭部を強打して救急車で運ばれた経験があります。

今思い出すと、重心は後ろによっていた気がします。

その状態だと、滑ってしまったときにリカバリーすることが難しいです。

もう片方の端で踏ん張ろうにも路面が凍結していると、そちらも滑ってしまいますから。

ということで、転倒を防ぐためには重心を前に置くべきでしょう。

手を自由にする

f:id:kiboriguma:20181128213015j:plain

足元にどれだけ気を付けても、転ぶ時は転びます。

そんな時に大けがを避けるには受け身の体勢をとることが必要です。

 

片手、もしくは両手が塞がっていると受け身を取りにくいですから、リュックを背負うなどして荷物を手に持たないほうが良いでしょう。

観光客の人たちが両手にお土産を持って、ツルツル路面を大股で歩いているの見ると、さすがに少し心配になります。くれぐれも、頭だけは打たないようご用心を。

 

足元に気を付けて北国の冬の観光を楽しんでくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。