元予備校講師、木彫りグマのブログ

元予備校講師の木彫りグマが、主に歴史・地理・社会経済、古典などについて書くブログ

「地政学って何?」「地政学を学べる大学はある?」「地政学のわかりやすい本は?」元予備校講師が解説!

地政学って何?

地政学を学べる大学はあるの?

地政学についてのわかりやす本は?

 

このページをご覧の皆さんはそのような疑問を持っているかもしれません。

地政学とは、

国の政策を、主として風土・環境などの地理的角度から研究する学問。

出典:『精選版 日本国語大辞典

と定義される学問です。

つまり、地理的条件から政治や軍事、経済を見る学問といえるでしょう。

第二次世界大戦以前は、日本でも盛んに研究されていましたが、戦後には戦争につながりやすい学問として忌避される傾向が強まり、「地政学」を看板とする学部・学科は見当たらなくなりました。

しかし、冷戦後の混とんとした情勢で地政学は見直されつつあります。

今回は、地政学とは何か、地政学に近い内容を学べる学部・学科は何か、地政学についてのわかりやすい本などについて解説します。

 

f:id:kiboriguma:20210520222734j:plain

地政学とは何か

地政学とは地理的な条件から政治・経済・軍事・外交などについて研究する学問分野です。

地政学」の名を初めて用いたのはスウェーデンチェーレンでした。

チェーレンは、国家の生存に必要なのは力であり、法や秩序は力あってこそだと考えます。

チェーレンの地政学を大成させたのがドイツのハウスフォーハーでした。

彼は自然地理学と政治の相互関連を主張します。

のちに、ハウスフォーハーの教え子であるルドルフ・ヘスヒトラーの側近となったため、彼の地政学ナチス・ドイツにも影響を与えたといいます。

第二次世界大戦後、敗戦国であるドイツや日本では地政学の研究が止まってしまいました。

かわって、アメリカで盛んに地政学研究が行われます。

地政学で重視される2つのパワー

ランドパワー

f:id:kiboriguma:20210520222916p:plain

引用:ロシア - Wikipedia

 

ランドパワーとは、イギリスのマッキンダーが主張した考え方です。

広大な陸地を支配しているロシアのような国をランドパワーの国と考え、海軍では攻め込めない大陸の中心部を「ハートランド」と呼びました。

ハートランドを持つ大国は、周辺地域(リムランド)を支配するため拡張します。

ハートランドを持つロシアのような陸軍中心の大陸国家を「ランドパワー」の国と考えるとよいでしょう。

ロシアはハートランドの周辺にあるリムランドに勢力を拡張します。

ロシアにとってのリムランドは東ヨーロッパ諸国。

ソ連第二次世界大戦で勝利したのち、リムランドである東ヨーロッパ諸国を間接的に支配しました。

また、ロシアは「南下政策」を行い、他のリムランドへの拡張を図りました。

ロシアの南下はイギリスの重要植民地を脅かしたので、19世紀を通じてロシアとイギリスは対立。

二人の巨人が世界をかけて争う「グレートゲーム」が展開されました。

 

シーパワー

f:id:kiboriguma:20210520223003p:plain

引用:イギリス帝国 - Wikipedia

 

シーパワーとは、アメリカのマハンが提唱した考え方です。

マハンは、海を制することで世界を制することができると考えました。

かつてのカルタゴやスペイン、イギリスはいずれも海を制することでその時代の覇者となります。

シーパワーの代表たるイギリスは、イギリス本国と最重要植民地であるインドを結ぶ航路を重視します。

そのため、スエズ運河を手段を択ばず手に入れました。

こうした海上交通のルートをシーレーンスエズ運河のような重要地点をチョークポイントといいます。

イギリスは他にも南アフリカマラッカ海峡など、世界でも重要なチョークポイントを手中に収めました。

イギリスが「七つの海を支配した」と称されるのも理由がないことではないのです。

ちなみに、チョークポイントの一つであるボスポラス海峡を有するトルコは、ロシアやイギリスの干渉を受けました。

トルコの歴史に関心がある方はこちらの記事もどうぞ!

 

kiboriguma.hatenadiary.jp

 

地政学に近い内容を学べる学部・学科とは

地政学は19世紀に盛んだった「帝国主義」を象徴するような学問です。

どうしても戦争とかかわりがある学問分野でした。

そのため、第二次世界大戦後の日本では地政学を看板に掲げる大学はなくなります。

しかし、大学で全く地政学を学ぶことができないというわけではありません。

ここでは、地政学の関連分野について紹介します。

国際関係学部

国際関係学部は国と国との関係の相互理解を目指す学問です。

地政学が政治や経済などの「力」に注目するのに対し、国際関係学部では「人間」に注目して世界を理解しようとする学問です。

ただ、相手を理解するには相手国の風土や歴史を知る必要があります。

その意味で、理解の手法として地政学的観点は有効かもしれません。

参考:国際関係学|学問・大学情報|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

地理学部

地理学は自然と人間生活との関連を明らかにする学問です。

自然を中心に扱う自然地理と、人間の活動を中心に扱う人文地理学があります。

ある意味、自然地理と人文地理を組み合わせ、それに軍事・経済の観点を加えると地政学になるともいえますね。

参考:地理学|学問・大学情報|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

地理学について知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

kiboriguma.hatenadiary.jp

簡単に地政学を学べる本・マンガ5選!

地政学見るだけノート』

わかりやすさでは定評がある「見るだけノート」シリーズの地政学版です。

国際政治や世界経済の構造は、新型コロナウイルスの登場により大きく変化しました。

冷戦時代のようなイデオロギーの時代と違い、各国の利害が表面化したポストコロナの時代を理解するために「地政学」が注目されているからこそ出版された本だと思いました。

初心者向けで非常にわかりやすい内容だと思います。 

『いちばんやさしい地政学の本』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最新図解 いちばんやさしい地政学の本 [ 沢辺 有司 ]
価格:999円(税込、送料無料) (2021/5/20時点)

この本の良いところは、地政学とは何かということやランドパワー、シーパワーのわかりやすい解説が成されているところ。

地政学って何だろう?と興味を持ちたての初心者の方にぜひ読んでほしい本です。

この本の内容が理解できれば、世界史の大きな流れや現在起こっている地域紛争の原因理解にとても役立つと思います。

世界史や政治経済の受験生にも是非読んでほしい一冊です。

『ビジネス教養 地政学

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サクッとわかる ビジネス教養 地政学 [ 奥山 真司 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/5/20時点)

ビジネスマンが抑えておくべき最低限の地政学的知識がつまった一冊です。

忙しい人でもすぐに理解できるよう、要点がまとめられた良書ですね。

北方領土問題や尖閣問題など日本を取り巻く問題の理解や、中東で続く紛争など世界経済に大きな影響を与える内容の理解にも役立ちます。

『紛争でしたら八田まで』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紛争でしたら八田まで(1) (モーニング KC) [ 田 素弘 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2021/5/20時点)

現在、モーニングで連載中のマンガです。

地政学を全面に押し出した異色のマンガといってよいでしょう。

主人公はイギリスにある地政学リスクコンサルタントの八田百合。

彼女は地政学の知識をもとに、紛争地域に出向いて様々な問題の解決に挑みます。

フィクションではありますが、地政学というものをイメージするのにとてもいいマンガだと思います。

個人的に内容も好きなので、ぜひいろいろな人に読んでほしいなと思いました。 

沈黙の艦隊

冷戦時代の地政学を知りたいなら、この漫画がオススメ!

アメリカとソ連がしのぎを削った冷戦時代。

アメリカの核の傘の下にいた日本で密かにつくられた原子力潜水艦

その船がなんと独立を宣言し、米ソを敵に回しての大立ち回りを演じます。

主人公海江田四郎は単に軍事的冒険を繰り返したのではなく、地政学的な理解を元に冷戦のパワーバランスを見極め、最適な行動を選択します。

ちょっと古い本なので、「まんが王国」などのサイトでお得に一気読みすることをお勧めします。

 

まとめ

アメリカでトランプ大統領が当選して以降、国益を前面に出す外交を展開してきました。

理想主義では片付かない問題を、アメリカの力を背景に解決しようとする姿は日本を開国させた当時のペリーをほうふつとさせます。

その後、バイデン政権が成立しましたが、基本的にアメリカの国益を重視する姿勢は変わらないでしょう。

正義や秩序、理想だけでは済まないむき出しの力の衝突。

もしかしたら、21世紀の中頃は後世からそのように評されるかもしれません。

その時に、自国の運命やビジネスを考えるうえで地政学的な発想が必要になると考え、この記事を書きました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ