元予備校講師、木彫りグマのブログ

元予備校講師の木彫りグマが、主に歴史・地理・社会経済、古典などについて書くブログ

武士が活躍しただけじゃない! 経済も発達した鎌倉時代

こんにちは、木彫りグマです。

 

東大寺南大門。

ここにある金剛力士像は、筋骨隆々としてまさに「武」をわかりやすく表現しています。

運慶や快慶が金剛力士像を作った鎌倉時代は、武士の時代というイメージが強いですが、経済がとても発展した時代もあったんです。

 

二毛作や新しい肥料を使うことで農業生産力がどんどん伸び、人々は余った農作物を市場で売買。

武士や農民は現金収入を得ることができました。

 

鎌倉時代に使われた現金は平清盛が持ち込んだ「宋銭」。

大量の宋銭は人々の生活スタイルを大きく変えました。

 

今回は、鎌倉時代の農業と商業をまとめます。

 

平安時代末期や鎌倉時代室町時代に興味がある方は、こちらの記事もどうぞ!

kiboriguma.hatenadiary.jp

kiboriguma.hatenadiary.jp

kiboriguma.hatenadiary.jp

kiboriguma.hatenadiary.jp

kiboriguma.hatenadiary.jp

 

 

f:id:kiboriguma:20200429082909j:plain

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/1900649">もちち</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

鎌倉時代の農業

 

平安時代末期の源平合戦治承・寿永の乱)が終わると、地方の支配者となった武士は自分たちの領地(所領)を積極的に開拓します。

新しい農法や肥料が取り入れられることで、以前よりも多くの農作物を収穫することができるようになりました。

 

二毛作

 

二毛作とは、同じ土地で一年の間に2種類の異なる作物を栽培すること。

鎌倉時代の中期に畿内から西日本一帯で広まりました。

一回目に育てる作物を表作、二回目に育てる作物を裏作といいます。

 

鎌倉時代、表作の作物はだいたいでした。

裏作はですね。

 

新しい肥料

 

鎌倉時代には、農地に肥料を与えて農作物の生育をよくすることが行われました。

代表的な肥料は、刈敷と草木灰

 

刈敷は、山野の草や木の葉を田畑に敷き詰める肥料。

草木灰は、草木を燃やした灰を田畑にまく肥料ですね。

 

牛馬耕

 

ラクターなどの農業機械がない時代、田畑を耕すのは人間の仕事でした。

しかし、人力では作業効率も悪いです。

そこであみ出されたのが牛馬耕ですね。

 

牛や馬に犂や鍬をつけて田畑を耕させます。

〇〇馬力というのは、馬が荷物を引っ張るときのパワーをあらわします。

昔から、牛や馬は人間のかわりに、重たいものを引っ張ってくれていたわけです。

 

牛や馬を飼うことができるということは、それだけ、昔に比べて大規模な農業ができるほど余裕が出てきたともいえるんです。

 

鉄製農具の使用

 

鉄製農具が広く普及したのも鎌倉時代の特徴です。

鉄製農具自体は古墳時代から存在していました。

しかし、古代になればなるほど鉄は貴重品。

そう簡単に、みんなが使えるものではりませんでした。

 

それまで主流だった木製の鍬や鋤、鎌などにかわり鉄製の農具がメインになることで、作業はかなりはかどるようになったでしょう。

 

 

鎌倉時代の商業

 

商業とは、モノやサービスの売り買いを行うことで人々を結び付ける仕事です。

鎌倉時代は定期市や宋銭の利用により、商業が発達した時代でした。

貨幣経済が発展すると、お金の貸し借りだけで生計を立てる高利貸しも出現します。

年貢も米などの現物だけではなく、銭でおさめることが増えました。

 

 

定期市の出現

 

鎌倉時代、農業生産力がアップすると人々は自分達が食べるもの以上の生産物を手にするようになりました(余剰生産物)。

 

農作物は、黙ってほったらかしにしていると腐ってしまいます。

それならば、他のものと交換したほうがいいですよね。

そこで人々は「定期市」にモノを持ち込み、交換を始めました。

 

交換で大活躍したのが、平清盛が持ち込んだ宋銭です。

銭は、物々交換よりも簡単に取引を成立させてくれます。

 

人々が集まりやすい交通の便利なところに定期市は作られます。

高校の日本史の教科書で岡山県の市場(備前国福岡荘)を描いた『一遍上人絵伝』が扱われますが、絵巻の中には米や魚だけではなく、販売用の壺や甕が描かれていますよ。

 

定期市などで得た「現金」を、人々は甕などに入れて地中に埋めることがありました。

元祖「タンス預金」といってもいい、壺・甕貯金ですね。

函館近郊の銭亀沢地区では、鎌倉時代から室町時代までの間に埋められた「甕貯金」が発掘されました。

だから、銭亀(甕)沢という名がついたといいます。

 

定期市が開かれたのは交通の便が良い街道沿いや人々が多く集まる寺社の門前でした。

定期市に参加している商人たちは、寺社と結びつき、自分たちだけで商売する独占権を得ます。

それが、「座」(同業者組合)の始まりだといってよいでしょう。

 

年貢の銭納と高利貸しの出現

 

市場が発達し、銭でいろいろなものが買えるようになると、荘園領主や武士たちは年貢として銭を欲しがるようになりました。

これを、年貢の銭納といいます。

 

農民たちは荘園領主や地頭(武士)に農作物で税を納めます。

荘園領主や地頭たちは市場で農作物を売却し、現金をゲットしました。

この現象は、日本だけではなくヨーロッパでも起きていますよ。

 

鎌倉時代には、お金を高い利子をつけて貸し付ける「借上」という高利貸しが現れます。

利子率は取引によってさまざまだったようですが、年利300%以上という高利も珍しくなかったといいます。

 

鎌倉時代の末期、幕府に仕える武士たち(御家人)の多くが財政難となり、借金で苦しみましたが、その原因の一つが現金欲しさに高利貸しから借り入れしたことです。

今も昔も、お金にまつわる苦労は絶えないということでしょうか。

 

 

さいごに

 

鎌倉時代は現代からすると800年以上昔です。

しかし、この時代に生み出された二毛作や肥料は形を変えて現在に繋がります。

貨幣経済は今の私たちにとって欠かすことができないものとなりました。

その分、お金に関する苦労も今と通じるものがあります。

お金は、いつの時代でも大事なんですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ